クルーズ旅行に持っていけばよかった!おすすめの旅行グッズ34選

本ブログは広告を含みます

クルーズ旅行に持っていけばよかった!おすすめの旅行グッズ34選

初めてのクルーズ旅行だけど、普通の旅行用品と違いは?何を持っていったらいいか教えて!

クルーズ客船って客室の備品や施設がバラバラだから、持っていくもの迷います……

来週からクルーズ旅行に行くけど、忘れ物していなか心配なので念のため、再確認しておきたい。

クルーズ旅行は1週間以上同じ客室に寝泊まりすることになるので、持っていく旅行グッズで旅の快適性が段違いに変わります。

くま船長
くま船長

私はクルーズ歴6年、国内発着クルーズ専門家のくま船長(@kumarisu_cruise)です。

この記事では、クルーズ旅行に行く予定のある方向けに、持っていくべきオススメ旅行グッズを紹介します。

この記事を読むと、あなたの船旅の快適性を劇的に向上することができます。さらに旅行前の準備時間の短縮やクルーズ初心者ならではの、荷物の悩みも解消もできます。

クルーズ旅行におすすめ旅行グッズ一覧と、クルーズ客船ごとに持っていったほうが良いかの評価は下記の通りとなります。

グッズ名MSCベリッシマダイヤモンド・プリンセス
パッキングキューブ
Wiseデビットカード
洗濯用品×
液体用容器
電源タップ,海外用変換プラグ
モバイルバッテリー
エコバック
日焼け止め グッズ
携帯可能な帽子
疲れにくいサンダル
大判ストール
オフライン利用可能な読書サービス
耳栓
クルーズカード入れ & キーホルダー×
お洋服のシワ取りミスト×
連絡用ポストイット
アルコール 除菌シート
酔い止め薬、常備薬
折りたたみリュック
ランドリーバッグ×
水着 & ラッシュガード
ミニバッグ
水筒
ジップロック
◎:必須、〇:持っていけばよかった、△:場合によって必要、×:不要

旅行中に「持ってくればよかった!」とならないように、しっかりと準備してクルーズ旅行を楽しみましょう。

各クルーズ船の魅力やお役立ち情報の詳細は下記の記事で紹介しています。

MSCベリッシマの魅力とクルーズプラン、お役立ち情報を徹底解説

ダイヤモンド・プリンセスの魅力とクルーズプラン、お役立ち情報を徹底解説

客船クイーンエリザベス号の魅力と客室料金を徹底解説

セレブリティ・ミレニアムの魅力と客室料金を徹底解説

クルーズ旅行系Youtuberおすすめアイテム

クルーズ旅行系Youtuberとして有名なノマドエリさんの動画で必須アイテムが紹介されています。

パッキングキューブ

パッキングキューブは無印良品の「たためる仕分けケース」が定番商品なので、万人におすすめです。

たためる仕分けケースSの特徴

  • 軽い(約30g)
  • たためる(約5cm×8cm)
  • 大容量(約20×26×10cm)
  • 片面メッシュで中身が確認しやすい
  • 客室のクローゼットや棚に直接置いて使用できる
くま船長
くま船長

衣類を圧縮して収納したい人には旅行用圧縮バッグがおすすめです

BeeNesting 旅行圧縮バッグ

  • 衣服を仕分けしながら、たっぷり収納できる
  • 数日分の服が超ペシャンコになる(類似製品中No.1の圧縮率)
  • たとえば厚手の長袖Tシャツ5枚の圧縮の場合:
  • 圧縮前:約12.5mm→約10.5mm
  • 片面が撥水裏地なので、着用後の衣類を分類して格納できる

Wiseデビットカード

海外船では、船内チップやサービス利用時は必ずアメリカドルで支払います。ここで問題になってくるのが海外利用手数料(両替手数料)です。

例えば、1000ドルの船内支払いがあった場合の海外利用手数料は下記のとおりです。

  • 通常のクレジットカード:約16~30ドル(一般的な両替手数料:1.6~3%)
  • WISEデビットカード:約5ドル(WISEの両替手数料:0.5%)
リス
リス

結構、手数料かかるんだね……

海外船クルーズや海外旅行時など海外利用手数料を安くしたい人はWiseデビットカードの利用をおすすめします。

Wiseデビットカードのメリット

  • クレカの最大2.4倍オトクな海外利用手数料
  • 海外送金の手数料が非常に安い
  • 50以上の通貨を口座に保有ができる
  • 30,000円相当まで、月2回までの引き出しであればATM手数料無料
  • 初回カード発行手数料以外に年会費は一切かからない
  • 盗難・紛失時の対応が素早くできる
  • タッチ決済対応

Wiseデビットカードのデメリット

  • 初回発行手数料が1,200円かかる
  • 利用前にカードにお金をチャージしておく必要がある
  • 毎日、または毎月の利用限度額がある

こんな人におすすめ

  • 海外船でクルーズ旅行に行く人
  • 海外利用手数料を安く抑えたい人
  • 海外寄港地のATMから現金を引き出す予定のある人

海外利用手数料 最安レベル!海外船クルーズに旅行にピッタリ

くま船長
くま船長

海外船の船内の支払いはアメリカドルなので、手数料分オトクになります

洗濯用品

洗濯用品は、クルーズ船内にコインランドリーがあるかないかで必要/不要の評価が変わります。船内のコインランドリー設備の状況は下記のとおりです。

クルーズ船船内コインランドリー
MSCベリッシマなし(洗濯用品 必須)
ダイヤモンド・プリンセスあり
クイーン・エリザベスあり
にっぽん丸あり
飛鳥2あり
リス
リス

日本発着クルーズだと、MSCベリッシマだけコインランドリーないんだね……

MSCベリッシマの場合は下記の洗濯用品があれば、客室内でお洗濯できます。

携帯用洗濯袋

リス
リス

旅行用洗濯袋ってわりと高いね……

洗濯と脱水ができる旅行用洗濯袋は、結構お値段が高いです。我が家の場合は、代わりに下記の防水バッグセームタオルで代用しています。

具体的な洗濯方法については下記の記事で紹介しています。

MSCベリッシマでの洗濯はどうしてる?ランドリー料金と節約術を紹介

洗濯洗剤

シート型洗濯洗剤 の特徴

  • 水にとける柔軟剤配合のシート型洗濯洗剤
  • 軽量で持ち運び便利なので、クルーズ旅行のちょっとした洗濯に最適
  • 使い捨てで必要な分だけ使用可能
  • チャック付きパッケージで旅行中でも簡単に洗濯可能
  • 消臭剤と除菌剤も配合、部屋干しも清潔に保てる。

Can★Doで購入できますが、お近くにCan★Doがない方や商品が売り切れ中の場合は下記の旅行用手洗い洗剤 Dr.Beckmanもおすすめです。

携帯ピンチハンガー

携帯ピンチハンガーの特徴

  • 旅行カバンやスーツケースのスキマにすっぽり入る
  • 格納中は音がならない
  • 客室に付属のハンガーに引っ掛けることができる

フック付きマグネット&S字フック

フック付きマグネットの特徴

  • クルーズ船の客室は全て鉄製なので、天井・壁どこでも設置できる
  • 洗濯ものを室内干しすることができる
  • 船内で使用するバッグやチケットなどを仮置きするのに便利

注意点としては、水分を多く含んだ衣類だと床に落ちてしまいます。なぜなら、100均一のマグネットは最大荷重が2~3kgだからです。

くま船長
くま船長

多少値段はかかりますが、最大荷重10kgのマグネットを1個もっていくと安心です。

コクヨのタフピタの特徴

  • 超強力マグネットで10kgまでの耐荷重
  • トップのハンドルを前に倒すだけで簡単に取り外せるので、ラクラク撤去できて安心
  • 360度回転式フックで、どんな場所でも扱いやすい

液体用容器

海外船の場合、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープは海外品質です。

クルーズ旅行の持ち物悩んでる人にこれだけは伝えたい
船によるけど、MSCベリッシマのアメニティはほぼ無いです😂
髪がガサガサになるシャンプーとお粗末なシャワージェルのみ。


女性:X(旧Twitter)のツイートより
くま船長
くま船長

海外製のものは日本人の髪質に合わない場合が多いです

なのでお気に入りのシャンプーがある方は、液体用容器に小分けにして持っていくことをおすすめします。

そのときの注意点は、絶対にもれない容器を選ぶことです。なぜなら、漏れてしまうと一緒に入れていた荷物が大惨事になってしまうからです。

液体用容器をもっていない方は下記の2023年新発売の「CC&R トラベルボトル 」が使いやすいのでおすすめです。

CC&R トラベルボトル の特徴

  • シャンプーなどを小分けにできるミニボトル
  • 液漏れを防ぐ3重フタ構造のため、マイシャンプー等を事故らずに持参できる
  • 液切れがよく口周りがベトベトしない
  • ボトルに小窓付で残量がわかりやすい
  • 強く押しても吹き出ししにくい

電源タップ,海外用変換プラグ

スマホやカメラの充電など、旅行では充電する電子機器が多くなります。古いクルーズ客船の客室では、コンセントの数が少ない、電源専用USBポートがない場合が多いです。

また、クルーズ船によっては火災の原因となる延長ケーブル付の電源タップは禁止されていることもあるので、コンセント口に差し込めるタイプの電源タップがおすすめです。

電源タップNWM-22の特徴

  • サージプロテクタが付いていないので、火気厳禁のクルーズ船に持ち込める
  • 1つのコンセントで下記の拡張ができるため、電源設備の少ないクルーズ船におすすめ
  • 国内で一般的な電源端子(Type-A)×3
  • USB A端子×2,C端子(最大20W)×1

また、海外船の客室備え付けのコンセントのタイプは下記のとおりです。

  • MSCベリッシマ:日本と同じA型コンセントタイプ+欧州仕様のCコンセント
  • ダイヤモンド・プリンセス:日本と同じA型コンセントタイプ+ユニバーサルタイプ

もし海外用変換プラグを利用する場合は、電源タップを使用する際はダイソーなどの100均商品ではなく、国内メーカーの製造品がおすすめです。

100均一の海外用変換プラグがおすすめできない理由

  • 100均の変換プラグは挟む力が弱く、電源タップの重みですぐに抜けてしまう
  • 使用できる電力(定格入力)が下記のように低く、充電速度が遅くなってしまうことがある
  • 100均の製品:6A
  • 国産メーカーの製品:10A
くま船長
くま船長

1個150~400円程度なので、100均で外れ商品を引きたくない人におすすめです

モバイルバッテリー

寄港地観光を楽しみたい人はモバイルバッテリーを忘れず持っていきましょう。

くま船長
くま船長

スマホの電池は消耗品なので、3年以上前に購入したスマホの電池は1日もたないことが多いです

モバイルバッテリーをお持ちでない方は下記のAnker製のモバイルバッテリーがおすすめです。

633 Magnetic Batteryの特徴

  • モバイルバッテリー販売実績No.1のAnker製なので安心の品質
  • 片手に収まるサイズで軽量(218g)なので、寄港地観光にピッタリ
  • 1台で二人分のスマホをフル充電可
  • USB Type-Cポートで高速充電可能(実測18.37W)
  • マグネット内蔵でMagSafe対応iPhoneに貼り付けて充電可能
  • 最大7.5Wのワイヤレス充電対応、最大3台同時充電可
  • 充電中のスマホスタンドとして使用可能
MagSafeとは
Appleが開発した磁石を利用したワイヤレス充電システムで、iPhone12シリーズ以降に標準搭載されている。バッテリーには磁石が内蔵されており、その磁石でバッテリーをスマホの背面にくっつけるだけで充電できます。バッテリーがぴったりスマホに吸着するため、寄港地観光中にカバンやポケットに入れたままでも安定して充電が可能です。

エコバック

ナノバッグの特徴

  • こぶし大の大きさで、軽量(約22g)なので、観光用カバンに入れておいても邪魔にならない
  • 『畳むではなく、まるめる』だけ収納できる
  • 耐荷重(最大30kg)と容量(最大19L)でなんでも入る
  • お土産が増えてスーツケースに入りきらない場合も、これがあれば安心
  • ケースがバッグに縫い付けられているので、ケースを紛失しない

日焼け止め グッズ

水平線から昇る日の出を見たり、早朝から営業しているビッフェレストランに行ったりと、早朝から活動する機会の多いのがクルーズ旅行の特徴です。

リス
リス

メイクに時間がかかってしまって、予定していた時刻に部屋を出られないこともあるね……

メイクを時短するなら、下地効果のある日焼け止め乳液がおすすめ!

ELIXIRのおしろいミルクは朝用乳液でありながら、顔全体になじませるだけで日焼け止め・乳液・化粧下地が一度にできます。

SPF50+・PA++++の高いUVカット力で長時間の屋外活動にも対応し、朝のスキンケアとメイクを効率的にまとめたい人におすすめです。

おしろいミルクの特徴

  • 日焼け止め・乳液・化粧下地の3役を担い、朝のスキンケア&メイクをぐっと楽に
  • 長時間の寄港地観光に耐えられる紫外線対策(SPF50+・PA++++)
  • クルーズ客船に持ち込めるコンパクトサイズ
  • クレンジング不要。石けんで落とせるので便利!
  • 「おしろい効果」でテカリや毛穴を目立たせず、明るい印象の肌へ
  • 「スキンバランス処方」で皮脂のテカリやべたつきを抑え、潤いを保てる
  • 資生堂公式ショップ「ワタシプラス」で、全国送料無料で購入可能。

累計売上350万本突破 | 全国どこでも送料無料!

リス
リス

メイクを時短して、こんな光景を見逃さないようにしたいね♪

折りたためる帽子

HIKE BLOOM HAT NN02343
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

船内での活動や寄港地観光などにあると便利なのが、折りたためる帽子です。

船上は日差しが強いので、下記のようなツバの広い帽子がおすすめです。あご紐があると、屋外デッキやバルコニーは風が強いので、海に落ちてしまうリスクを減らせるので安心です。

HIKE BLOOM Hatの特徴

  • ソフトな素材なので丸めて携行でき、船内探索や寄港地観光時の持ち物にピッタリ!
  • 帽子が飛ばされないようにあご紐は必須
  • 汗をかいても、丸洗いできるので、清潔でお手入れが楽

疲れにくいサンダル

船内プールやジャグジーなどを楽しむなら、サンダルがあると便利です。どうせ持っていくならば、寄港地観光にも使える疲れにくい厚底サンダルをおすすめします。

船内は想像よりもずっと広いので、疲れにくいビルケンシュトックのサンダルがおすすめです。

ビルケンシュトック サンダルの特徴

  • 靴底が厚く、非常に軽量なので、寄港地観光や船内探索で疲れにくい
  • 足に負担がかからない構造なので、1日中履いていても足が痛くならない
  • EVA製なので、丸洗いができて衛生的

大判ストール

大判ストールはクルーズ旅行では必須アイテムです。特に洋上の夜は冷え込むので、持っていくと安心です。

選ぶポイントは大判サイズで、日中・フォーマルナイト両方で使えるストールがベストです。例えば、マイクイーンの大判ストールは、フォーマルナイトの日でも朝から晩まで一日中使えるデザインなのでおすすめです。

マイクイーンの大判ストールの特徴

  • クルーズ旅行の様々なシーンで活躍
  • すべすべやさしい肌触り、肌の弱い人にも適している。
  • 大きめなのでストール・スカーフ・ショール・授乳ケープなど多用途に使用可能。
  • 水洗いできて清潔に保てる。
リス
リス

フォーマルナイトのドレスに合わせのも素敵だね♪

オフライン利用可能な読書サービス

クルーズ客船では洋上に出てしまうとスマホ回線が使えません。また、船内WiFiの利用も有料(高額)&低速なので、おすすめできません。

ホテルとクルーズ船のWiFi環境の違い
くま船長
くま船長

終日航海日は屋上デッキやプライベートバルコニーでゆっくりと読書を楽しむのもいいですよ

注意点は旅行前にタブレットに電子書籍を入れておくこと。荷物が増えずに読書を好きなだけ楽しめます。

もしタブレットを持っておらずスマホ利用だけという人の場合は、「聞く読書」サービス Audibleの利用がおすすめです

画像引用:Amazon

Audibleがクルーズ旅行におすすめの理由

  • 事前ダウンロードしておけば、オフライン利用可能
  • プロのナレータが朗読する約12万冊の本を聞き放題
  • 目を休ませられるので、船酔いしない
  • 無料トライアル期間が1ヵ月間あるので、旅行が終わったら解約すれば無料で利用できる
  • スキマ時間が読書時間に変わるので、実際に読む本が倍増する

今なら2ヵ月無料キャンペーン開催中!5/9まで

画像引用:Amazon
くま船長
くま船長

無料期間中にやめても解約ペナルティなしなので、安心です

クルーズ客船のWiFi事情の詳細とAudibleの詳細な説明は下記の記事で紹介しています。

クルーズ船内WiFiが有料な理由とおすすめ対策サービス4選

耳栓

実はクルーズ客室の壁は一般的なホテルと比較して壁が薄く鉄製なので、隣室の音が漏れやすい構造となっております。万が一の時に必要になってくるのが耳栓です。

耳栓のおすすめは「聴覚保護 クオリネ」です。特徴は下記のとおりです。

聴覚保護具 クオリネの特徴

  • シリコン素材の耳栓で、装着しているのを忘れるほどのフィット感
  • 耳の中に収まるサイズで目立たない
  • 実測値26.6dBの高遮音性
  • 耳の中にすっぽりと収まるので、寝返りをうっても圧迫感がない
  • 隣室の生活音や大きな音のボリューム調整に適しており、同室の相手の声はクリアに聞こえる
リス
リス

耳の穴を塞いでいるという異物感を感じないね♪

クルーズカード入れ & キーホルダー

クルーズカード入れは様々な商品があるので、あなたの気に入ったものを選べばOKです。申し込んだ旅行会社によってはおまけで付いてくることもあります。

また、ダイソーで上記のようなオシャレなリールキーホルダーを売っています。クルースタイルを試してみたい方はお好きなカード入れと合わせてみてはいかがでしょうか。

なお、ダイヤモンド・プリンセスの場合は、メダル型ウェアブル・デバイス「メダリオン」を利用します。専用のアクセサリーは船内で購入することができます。

お洋服のシワ取りミスト

MSCベリッシマなどの共用アイロン台が使えないクルーズ客船には、お洋服のシワ取りミストは必要です。特にフォーマル衣装のシワ取りには必要ですので、忘れずにもっていきましょう。

花王 服のミストの特徴

  • シワ取り・消臭・静電気防止の効果を兼ね備えた衣類スプレー
  • クルーズ船内ではアイロンは使用できないので、フォーマル衣装のシワ取りには必須
  • 200mlのスリムなボトルで持ち運び便利
  • 綿・麻素材でのシワ取りに効果的
  • 無香料で男女共に使いやすい

連絡用ポストイット

ダイソーなどの100均ショップでさまざまな種類のポストイットが売っていますので、ご自身の好みに合ったポストイットを選べます。

連絡用ポストイットの使い方

  • 同室者が不在時に待ち合わせ場所・時間を書置きする
  • 別室のお友達へのメッセージを客室ドアに貼る

船会社が提供しているアプリのチャット機能はバグが多く正常に連絡がとれないというケースがあります。確実に連絡を取りたいという人にはアナログのポストイット伝言方式をおすすめします。

アルコール&除菌シート

コロナ禍以降の旅行では必須のグッズです。忘れずに持参し、感染予防に努めましょう。

酔い止め薬、常備薬

酔い止め薬は必須ですので、使う予定がなくても必ず持っていきましょう。大型クルーズ客船の船酔いの詳細は下記の記事で紹介しています。

大型クルーズ客船って船酔いする?原因と対策を徹底解説

また海外船の場合、船内の医務室での治療や処方は、健康保険が使用できません。かなりの高額料金が請求されますので、常備薬は余裕をもって忘れずに持っていきましょう。

折りたたみリュック

折りたたみリュックの特徴

  • 手のひらサイズの折りたたみリュックなので、寄港地観光に最適
  • 撥水ナイロン生地で頑丈な作りなので、安心して使用できる
  • サイドポケットに水筒や傘の収納でき、取り出しやすく仕舞いやすい
くま船長
くま船長

普段リュックを使わない人におすすめ!

ランドリーバッグ

ダイヤモンド・プリンセスや日本船など、船内にコインランドリーがある場合は、ランドリーバッグがあると持ち運びが便利です。

ダイソーなどの100均で200~500円程度で購入することができます。

水着 & ラッシュガード

夏はもちろん、真冬でも持っていくべきなのが、水着です。なぜなら、どのクルーズ客船でもジャグジーがあるからです。

クルーズ客船の客室はシャワーのみが基本です。バスタブ代わりのジャグジーで旅の疲れを癒しましょう!

水着と一緒に持っていきたいのが、ラッシュガードです。なぜなら、プール用の更衣室がないため、乗客は客室から水着を着てからプールに向かうため、ラッシュガードを羽織って行く人が多いです。

ラッシュガードは、アウトドア ブランドラドウェザー製がおすすめです。おすすめ理由は下記のとおりです。

ラドウェザーのラッシュガードの特徴

  • 接触冷感素材で気持ちのいいUVカットパーカー
  • 暑い季節でもひんやりとした着心地
  • ベタつかない吸水速乾で濡れてすぐ乾くので、クルーズ船内のプールに適している
  • 縦横両方に伸縮するので、しめつけやツッパリ感がなく快適

ミニバッグ

昼の寄港地観光から夜のフォーマルナイトまで1日中使えるミニバッグを持っていくと、旅行荷物を減らせることができます。

ル プリアージュ エナジー XSの魅力

  • 洗練されたおしゃれなデザインが高級感とカジュアルさを両立
  • シンプルながらも高級感や色使いなどこだわりが光る
  • 船内や寄港地観光で使いやすいすっきりとしたデザイン
  • フォーマルナイトの衣装に合わせやすいフォーマルな雰囲気
  • なのでクルーズ旅行で1日中使えるオススメアイテム

水筒

飲み放題サービスを利用しない場合は、水筒は必須です。飲み放題はかなり高額なサービスで制限事項も多いので申し込みには注意が必要です。詳細は下記の記事をご覧ください。

MSCベリッシマの飲み放題ってお得なの?専門家が徹底解説

水筒を選ぶ場合は、性能の高さで人気なサーモスの水筒がおすすめです。

真空断熱ケータイマグ JOQ-480の特徴

  • 最大手メーカー サーモスの2022年の新商品で、機能性と手軽さを兼ね備えた水筒
  • 栓とパッキンを一体化し、着脱が簡単で洗いやすく、手入れの手間を極限まで減らせる
  • フタはなめらかでスムーズな開閉、垂れにくい設計
  • スクリュータイプの飲み口は丸みがあり、鋭さを感じない
  • 保温保冷力も十分な性能(冷水:6時間後3.6℃上昇、熱湯:19.1℃低下 程度)

ジップロック

ジップロックの使い道

  • 水着やタオルなどの濡れた衣類の持ち運び
  • お菓子など食べ残しの持ち運び
  • 空気を抜いて簡易的な衣類用圧縮袋
  • 防水袋になるので、プールやビーチでのスマホや電子製品を収納
  • オムツや汚れた衣類などの汚物入れ
  • 簡易洗濯もできる

まとめ:便利グッズを持って快適な船旅を満喫しよう!

本記事ではクルーズ旅行に持っていくべき便利グッズについて解説しました。一覧にまとめると下記のとおりです。

グッズ名MSCベリッシマダイヤモンド・プリンセス
パッキングキューブ持っていけばよかった持っていけばよかった
Wiseデビットカード持っていけばよかった持っていけばよかった
洗濯用品必須不要
コインランドリーあり
液体用容器持っていけばよかった持っていけばよかった
電源タップ,海外用変換プラグ場合によっては必要
客室にUSB充電コネクタは多い
持っていけばよかった
モバイルバッテリー持っていけばよかった持っていけばよかった
エコバック持っていけばよかった持っていけばよかった
日焼け止め グッズ必須必須
携帯可能な帽子持っていけばよかった持っていけばよかった
疲れにくいサンダル持っていけばよかった持っていけばよかった
大判ストール必須必須
オフライン利用可能な読書サービス持っていけばよかった場合によっては必要
プリンセス・プラスを利用する場合は不要
耳栓持っていけばよかった持っていけばよかった
クルーズカード入れ & キーホルダー必須不要メダリオン用アクセサリーが必要
お洋服のシワ取りミスト必須不要
船内にアイロン台あり
連絡用ポストイット持っていけばよかった持っていけばよかった
アルコール 除菌シート必須必須
酔い止め薬、常備薬必須必須
折りたたみリュック持っていけばよかった持っていけばよかった
ランドリーバッグ不要
コインランドリーなし
持っていけばよかっ
水着 & ラッシュガード持っていけばよかった持っていけばよかった
ミニバッグ持っていけばよかった持っていけばよかった
水筒場合によっては必要
飲み放題サービスを利用する場合は不要
場合によっては必要
プリンセス・プラスを利用する場合は不要
ジップロック必須必須

クルーズ旅行は1週間以上同じ客室に寝泊まりすることになるので、持っていく旅行グッズで旅の快適性が変わってきます。

旅行中に「持ってくればよかった!」とならないように、しっかりと準備してクルーズ旅行を楽しみましょう。

本記事で紹介したの豪華客船のクルーズプランの詳細は下記の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

皆さんの中で、国内発着クルーズ旅行の魅力についてもっと知りたい人がおりましたら、下記の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください

なかなか休暇が取れず本格的なクルーズ旅行は難しいよ」という方には日帰りクルーズがおすすめです。おすすめの日帰りクルーズは下記の記事で紹介しています。

また、もし分からないことがあったら、お気軽にTwitter(@kumarisu_cruise)で連絡をください。

今回の記事で、クルーズ旅行に行ってみたいと感じてもらえたら、嬉しいです。

くま船長
くま船長

これからも国内発着クルーズ旅行の情報について、発信していきます。また見に来てくださいね♪

以上、くま船長でした!

スポンサーリンク